18歳未満との援助交際は絶対ダメ

多くの男性にとって、若い女性が好きというのは厳然たる事実で、これはもう、本能なのでどうしようもないのかもしれません。人によって好みは違うとはいえ、若くてハリのある肌、サラサラな髪、多くの男性が魅かれるのです。

そして、男性のほとんどは、日常ではなかなか若い女性と知り合えない、だから出会い系サイトの掲示板で相手を探すわけです。そして、2万円ほど払えば、日常では知り合うことすらできない、若くてかわいい女性とエッチができてしまうわけです。だからこそ、やめられなくなるわけです。

しかし、絶対にしてはいけないことがあります。それは未成年との援助交際です。

援交は18歳未満と18歳以上では全く違う

ほとんどの男性は、若い女性に対して性的な興味があります。そして、お金を払ってでもいいから若い女性とエッチをしたいと考える男性は多いでしょう。

しかし、援助交際(売春)は、18歳未満の女の子を相手にするのと、18歳以上の女性を相手にするのとでは、まったく違うものだということを知っておかなければいけません。

18歳未満の未成年との援交はアウト

18歳未満の女の子と援助交際(売春)をすると、児童買春・児童ポルノ処罰法にて罰せられます。つまり、18歳未満との援交は児童買春罪となるわけです。

量刑は、5年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金です。これはかなり重い罪です。もちろんこれに加えて社会的な制裁も受けることになるでしょう。会社をクビになり、家庭がある場合は家庭が崩壊します。奥さんも子供も失うことになるでしょう。近所で噂になり、外出すらできないような生活になるかもしれません。

「援交なんてバレるわけない」と考えてる人も多いかもしれません。しかし、そんなこともないのです。援交が発覚する一番多い理由が、女の子の補導です。援交するような女性は問題を起こすことも多く、補導されることもよくあります。深夜街を徘徊していたり、ドラッグ、援デリなどの管理売春、飲酒、喫煙などで警察に補導され、その際に携帯の履歴から援交が発覚するパターンです。

また、女の子が別の援交相手とトラブルになり、それで警察沙汰になって、その際に女の子の携帯履歴から発覚したり、女の子の親などが女の子の携帯のメールなどを見て、警察に相談するパターンもあります。

多くの場合は、メールアドレスや電話番号、SNS(LINEなど)のIDで足がつきます。

18歳以上との援交はセーフ

18歳以上の女性と援助交際(売春)をした場合はどうなるのでしょうか?売春防止法では、売春をすること(売ることも買うことも)を禁止しています。しかし、それに対する罰則はありません。

つまり、相手が18歳以上であれば逮捕されることはないということです。

そもそも、売春というものは女性が自分の意志でするものではなく、親族や雇い主から強制されて売春をすることが多かったのです。そのため、売春している男女を取り締まるのではなく、売春させている人(管理売春など)を取り締まるのが売春防止法の目的なのです。