キャッシュバッカーについて

「キャッシュバッカー」という言葉を知っているでしょうか?出会い系を使っている人は知っているかもしれません。

ポイント制の出会い系サイトでは、ほとんどのサイトでキャッシュバック制度があります。これは、男性とメールをすればポイントが貯まるシステムで、もちろんそのポイントは現金などに交換できます。

そして「キャッシュバッカー」というのは、キャッシュバックを受けるために、とにかく男性とメールをする女性のことです。キャッシュバッカーは最初から会うことを目的としておらず、メールをすることだけが目的です。

最近では、ポイントの還元がよくないことなどを理由に、キャッシュバッカーはほとんど見かけなくなりましたが、まだたまにいます。

キャッシュバッカーを見分ける

まじめに出会いたいという方にとっては、キャッシュバッカーというのは非常に厄介な存在です。一生懸命相手のことを考えてメールをし、何とかして会いたいと思っている人を小ばかにしたような存在がキャッシュバッカーなのです。

しかし、出会い系で援交を考える人にとっては、キャッシュバッカーというのは大した問題にはなりません。援交のやり取りというのは、条件を提示して、それをOKするかどうかだけで、あとは会う場所と時間を決めるだけです。長々とメールのやり取りなどしません。

なので、キャッシュバッカーはすぐにわかるはずです。条件を提示しなかったり、会う場所や時間を言ってこなかったり。そういう女性は、すぐにパスすればいいだけの話です。

一応、一般的に言われるキャッシュバッカーの見分け方を下に書いておきます。

世間話をしたがる

出会い系サイトというのは、男性はポイント制、女性は無料というシステムです。そのため、サイト内メールではなく通常はメアドやでは、LINEなどのidを教えてくれます。これをなかなか教えてくれず、世間話などを長々としたがる女性はキャッシュバッカーである可能性が高いです。

エッチな話をする

普通、女性のほうからエッチな話などしてきません。してきた場合、キャッシュバッカーです。または悪質サイトのサクラです。

返信が短い

キャッシュバックは、基本的にメールの数で決まります。そのために、1通あたりの文字数を少なくしてメールの数を稼ぐ傾向にあります。メールがやたら短い場合、キャッシュバッカーを疑ったほうがいいでしょう。